アウトソーシングサービスを導入された企業様では、
導入前(2013年4月)と導入後(同5〜7月)における営業実績の変化が数値としてはっきりと表れています。
ここでは、その具体的なデータを【販売チャネル】【スタッフ】【チーム別】という3つの項目別でご紹介いたします。

某大手通信会社導入事例
販売チャネル実積

下図では、弊社のアウトソーシングサービスを導入された某大手通信会社様の対象販売チャネルにおける営業成績を示しています。
オレンジグラフはアウトソーシングサービス導入前(2013年4月)までの成績を表したもので、71.3%という達成率です。
そして、その下の赤のグラフはアウトソーシングサービス導入後(同5〜7月)の実績を示したもので、
達成率は大幅に伸び142.0%となっています。サービス導入後わずか3ヶ月で、
対象販売チャネルが199.3%もアップしたことがわかります。

スタッフ実績

次に、スタッフ実績をご覧ください。下図は、アウトソーシングサービス導入後の5月〜7月度の営業実績を、他社スタッフと比較したグラフです。
他社スタッフの達成率が平均62.5%であるのに対し、弊社スタッフは202.2%の達成率を果たしています。
つまり、他社と比較した場合、営業成績に318.1%の差が生まれたことになります。
弊社スタッフの高い営業スキルが、しっかりと結果を出していることがお分かりいただけます。

チーム実積

最後にチーム実績をご紹介いたします。
下図は、弊社のアウトソーシングサービス導入後の5月〜7月度の営業成績を、弊社チームと他社チームとで比較したグラフです。
他社チームの達成率の平均は56.0%であるのに対し、弊社チームの達成率はなんと250.0%を記録。
他社チームと比較した場合、営業成績に318.7%という大きな差が生じ、弊社チームの営業力の高さを表しています。